宮崎春生(五島列島のイケメン鍛冶屋)のプロフィールや経歴がスゴイ!結婚はしてるの?

 

2019年7月24日(水)放送の『衝撃のアノ人に会ってみた!』スペシャルで、五島列島のイケメン鍛冶屋・宮崎春生さんが紹介されるようです。

 

宮崎さんは現在34歳。番組では、彼の今の様子を追跡するとのこと。
はたして五島列島のイケメン鍛冶屋とはどのような人なのでしょうか?

プロフィールや経歴、結婚しているかどうかなどを調べてみました!

 

宮崎春生(五島列島のイケメン鍛冶屋)プロフィール

 

名前:宮崎春生(みやざき はるき)

生年:1985年

出身:長崎県五島市(五島列島)

職業:野鍛冶職人

結婚:配偶者あり(子供は長男1人)

 

宮崎春生(五島列島のイケメン鍛冶屋)経歴

宮崎春生さんは、地元の高校を卒業後、福岡市の鍛冶屋で5年修業して鍛冶職人になりました。

 

師匠は大庭利夫さん。

大庭さんは、実は“生涯弟子は取らない”と決めていたそうで、事実宮崎さんの前にも弟子入り志願した方々にお断りの返事をしていたとのこと。
宮崎さんも、何度か断られたそうです。

しかし宮崎さんの鍛冶に対する熱意や知識、さらには福江島に鍛冶屋の場所をあらかじめ確保するという行動力に負け、弟子入りを許可したというエピソードがあります。

 

宮崎さんは修行後、故郷である五島列島に帰り、廃業していた鍛冶屋を譲り受けて『宮崎鍛冶屋』を開業。
野鍛冶職人としての生活をスタートさせます。

ちなみに野鍛冶(農鍛冶とも)とは、包丁や農具・漁具、山で使う道具などを作る鍛冶屋で、昔は日本各地に数多くいました。

宮崎さんも包丁をはじめ、島の生活に役立てるため、様々な道具を製作されています。

 

特に包丁にはこだわりがあるようで、宮崎鍛冶屋のホームページでもオンラインショップなどで大きく紹介されています。

全工程を手作業で行い、そのため1日2~3本ほどしか作れないとのこと。
しかしそれでも人気は高く、中でも様々な食材を切るのに使える万能包丁である椿包丁は、一番人気があるようです。

 

 

さらに宮崎さんは、鉄の組織などをすべてデータに残しているそうです。
その理由のひとつとして、次の世代の職人に向けて、伝統を伝え、残したいという気持ちがあります。

きちんと“データ”という、目に見える形で伝承していくという考えが素晴らしいですね!
きっと次の世代の鍛冶職人たちの役に立ってくれることでしょう。

 

34歳になった現在、五島列島のイケメン鍛冶屋は、はたしてどんな暮らしを送っているのか、要注目です!

TV

Posted by とみぃ